ウォーターサーバーとお茶の関係とは

以前は、オフィスや病院などでしかお目にかかれなかったウォーターサーバー、今では普通の家庭にあってもおかしくない程、利用されています。
いつでも美味しい水を飲む事が出来るだけでなく、料理や飲み物にも使える便利な給水機です。
このウォーターサーバーに使われる水は、様々な種類があり、それぞれのご家庭にあった水を選択する必要があります。
カルシウムやマグネシウムがいっぱいの硬水や、日本ではおなじみの口当たりが良く柔らかい味のする軟水、不純物をろ過し、徹底的に菌などを取り除いたRO水など、お好みの水を使います。
さて、このウォーターサーバーの水を使ってお茶を入れるとなると、どうでしょうか?
お茶は水が命です。美味しい水でこそ、美味しいお茶が入れられると言うものです。
ウォーターサーバーランキングの水だから、どれでも香り高いお茶が入れられるはず、と思われるかもしれませんが、どれでも良いとはいかないのです。
お茶の良さを引き出すには、ミネラルたっぷりの硬水では期待できません。癖が無く、柔らかい軟水の方が美味しくなります。
そしてさらに、RO水ですと、完璧に不純物やミネラルを無くしてしまった水なので、お茶本来の風味が引き立ちます。
余計な物が入ってないRO水だからこそ、美味しいお茶になるわけです。
ミネラル補給の意味で、水が飲みたいのならば硬水を、料理や香り良い美味しいお茶を入れたいならば、軟水やRO水を使用するウォーターサーバーを使ってみましょう。